なくなるって怖い?『消滅世界』

どうもこんにちは、編集長の大野です。

今回は『コンビニ人間』を書いた村田沙耶香の『消滅世界』を紹介したいと思います。

 


消滅世界 (河出文庫)

この世界から家族結婚という概念が消えた世界を想像できますか?

 

 

おそらく、NOだと思います。

私自身も、ではどうやって子供を育ているのだろうか?と疑問になりました。

 

読んでみると、なるほどシステムが変われば、子供も育てることも可能なのだな。

と思いました。

 

システムの変化は合理的かもしれない。しかし、大切な何かを失ってしまっているような気がした。

 

皆さんは、このシステムを前にどんな態度をとりますか??

そんなことを考えながら読むと面白いかもしれないです。

 

今回の作品もコンビニ人間 (文春文庫)同様、考えさせられる作品であるなと思いました。

まだ、コンビニ人間 (文春文庫)を読んでいない方は是非、そちらも読んでみてください。

前に『コンビニ人間』の記事を書いたので、ご覧ください。

では、いいカルチャーライフをお過ごしください。

 

コメント