企業の不条理 『辞令』


辞令 (文春文庫)

面白さ

読みやすさ

一気読み度

 

ー辞令

その言葉が放つ重み。

最初、このタイトルを見たとき、「重そうな話かな」と思いました。

実際に読んでみると、読みやすくて、どんどん進んでいきました。

当初の予想どおり重めの話であったのですが、読みやすい分、ストレスフリーで読めました。

 

この本の面白さは、人間性に尽きると思います。

人は自分のピンチのときにどう行動するのか。

そして、他の人はどう行動するのか。

その点が、リアルに書かれているようで、イメージがつきやすかったです。

 

 

コメント