目指せ!TOEIC900点への道

こんにちは。編集長の櫻井です。

近頃、英語をうまく読めたり、聞けたり、話せたりできたらいいなと考えています。

せっかくなので、TOEICを受けてみようと思います。

目的としては

リーディングは洋書をストレスフリーで読めること

リスニングはドラマを字幕なしで見れること

スピーキングは英語でコミュニケーションをとれること

を設定しています。

そのためにTOEIC900点を当面の目標として頑張ろうと思います。

 

 

では、具体的にどんな風に勉強をしていけばいいのかを考えていきましょう。

もちろん、勉強方法は人それぞれだし、そもそも私自身まだ結果を出していないわけで

暇つぶし程度に見ていってください。

のちに、結果が出た時に、振り返ってみて

いいやり方、悪いやり方を判断していきたいと思います。

今現在は、「こうやって勉強している奴がいるんだ」とか「一緒に頑張ろう」など考えてくれれば幸いです。

差し当たって、自分なりに考えたやり方で勉強をしていこうと思います。

 

 

さて、まずやらなくてはいけないことは、TOEICを知ること

やみくもに勉強してもうまく結果が出るとは思えませんので、まずざっと問題を確認します。

ポイント

多くの人は、ここで実際に試験を受けてみたり、模試を時間通りに解いてTOEICを知ると同時に自分の

実力を知ろうとすると思います。私もそのやり方が最も効率的だと思います。

しかし、私の場合、そのようなやり方だとできなくて萎えてしまいますので、

時間制限なしでリーディングセクションだけ解く

をします。

なぜ、リーディングを解くのかと言いますと、リスニングが圧倒的に苦手だからです。

もし、私がリスニングがそこそこできるようでしたら、リスニングも時間制限なしで解きます。

時間制限をなしでやる理由は、どんな問題が出るのかが一番に知りたいからです。

じっくり解くことによって、どんな問題が出るのかを確認します。

 

 

次にやるべきことは、自分の苦手を強化すること

ポイント

苦手なものがあった時は、背伸びをせずに自分のレベルにあった(低い)参考書を使う。

もし簡単すぎたら、すぐに終わるだろうからです。

どんどんレベルの高い参考書に挑戦したくなる気持ちを押させて

じっくりと上げていきましょう。

 

続きまして、やるべきことは、とことん問題集を解くこと

ポイント

苦手を押さえたならば、もうあとは実践力を鍛えるのみ。

もちろん、解いていくうちに苦手が見つかるかもしれない。

そしたら、また一つ前のステップに戻ればいいのです。

 

 

さて、最初はこの方針で勉強をしていきます。

最初に方針を固めることが重要だと思うから、先に記させてもらいました。

最後にもう一度

この方法が最も効率的だとは思いませんし、

まだ結果が出ているわけではありません。

そこで、私がこのやり方で勉強をしてみて結果がどう出るかを

いわば実験の形でやってみるということです。

暇つぶし程度に見ていってください。

実際に解いた参考書はまたサイト内で取り上げるつもりです。

 

 

コメント