紹介『回廊亭殺人事件』


回廊亭殺人事件 (光文社文庫)

面白さ

読みやすさ

凄さ

お気に入り度

 

 

 

<紹介>

この間、ガリレオシリーズの最初の小説を読んだので、東野圭吾の推理小説を読みたいと思い、『回廊亭殺人事件』を読みました。

まず、ミステリー小説によくあるのですが、最後のトリックに力を込めすぎて、序盤から中盤にかけて面白くない。確かにドンデン返しのミステリーは圧倒的な破壊力を持ち合わせているが、どうしても途中で退屈してしまう。その点が、最近ミステリー小説をそこまで読まなくなった理由になっている。

しかし、東野圭吾は違う。序盤から中盤にかけても面白い。

なぜ、東野圭吾の推理小説はずっと飽きずに読めるのだろうか。私が思うに、文章力、知識、心情描写、駆け引きなどが優れているからだろう。

それだけじゃない。彼のミステリーは最後の展開だけに焦点が絞られていないのだろう。序盤から最後にかけてずっと私たちを惑わす。それがハラハラドキドキさせるのだ。

そんな東野圭吾の小説のポイントはこの小説でもありありと表れている。飽きずに読め、面白かった。あえて内容はここには記さない。興味があればぜひ手にとってほしい。

コメント