バットマン史上、最恐の敵

映画

今日紹介する映画は、クリストファーノーラン監督によるバットマン3部作の中でも最も恐ろしいと言われている2作目。

「ダークナイト」です

この映画は、正義とは、悪とは何か。とにかく奥深いです。

アメコミ映画の中でも非常に重いテーマであり、大人の方向けです。

なんといってもジョーカー役のヒース・レジャーの演技は天下一品です。

ヒース・レジャーはこのダークナイトの撮影の後、睡眠薬を多く接種したため亡くなってしまいました。

彼の死後、この映画が公開されその年のアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

ヒースの思いがつまった映画、ぜひみてください。

 

コメント