紹介『探偵ガリレオ』 摩訶不思議な理系ミステリー

『探偵ガリレオ』

 


探偵ガリレオ (文春文庫)

 

面白さ

読みやすさ

文系でも楽しめる度

<紹介>

ふと、この間書店に立ち寄った時にたまたま目に入った一冊。

もちろん、知っていましたよ。ドラマもやっていましたし、少し見てました。

しかし、私自身、あまりドラマとか映画で見てしまった小説を見るのが好きではないのです。

ストーリーを知っていると、どうしてもワクワクがなくなってしまいますから。

でも、東野圭吾の作品を読みたい気分であったその時は、そんなハードルはピョンと飛び越えてしまいました。

実際に読んでみると、ドラマもまともに見ていなかったのもあって、楽しく読めました。

内容は控えときますが、単なるミステリーではない。よくこんなトリックを思いつけるなと感心しました。

理系の人は納得しながら、文系の人はすごいなと感じながら読めるのではないでしょうか。

 

 

 

コメント