『「劇薬の」仕事術』を読んだ。ビジネスマンにオススメ!!

こんにちは。

最近、小説の方のレビューが書けておりません。

(すごい分厚い小説を読んでいるため)

ビジネス書ばかりになっています。

そんなわけで、今回もビジネス書の紹介です。

今回の本はとても面白かったです。

 

なぜ、面白いの?

それは「そうだったんだ」ってなるからです。

 

なんで??

実は著者が元日本マクドナルドマーケティング本部長であるからです。

私たちが普段よく行くマックのマーケティングの背景が書かれていて

「そうだったんだ」って気持ちになれるのです。

 

そりゃ、面白いね。ぜひ、教えてよ。

はい。

それがこちら。


マクドナルド、P&G、ヘンケルで学んだ 圧倒的な成果を生み出す 「劇薬」の仕事術

<評価>

面白さ ⭐️⭐️⭐️

読みやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️

ビジネスへのヒント ⭐️⭐️⭐️⭐️

Amazonでも評価が高いのです。

どんな本なのかを、Amazonでの紹介文を引用します。

マクドナルド300億円の大赤字⇒31カ月連続売上増!
マスコミからのバッシング、安売りによるブランド・イメージの低下……
2015年、業績の低迷する日本マクドナルドに入社、その復活まで。

「奇跡のV字回復」を率いた伝説のマーケターの〈仕事の習慣〉
◎仕事が上手く回りだしたら、それは「成長」していない証拠。
◎人を動かすのは「感情・結果・KPI」だけ。
◎数字で測ることのできない仕事をするな。
◎「時間」は「お金」を払ってでも増やせ。
◎実行したことは必ず振り返る。
◎会社の人間と食事に行くな。

マクドナルド総選挙、グランド・ビッグマック
――大ヒットキャンペーン誕生の裏側!

マクドナルド、P&G、ヘンケル、外資系コンサル……
逆境を乗りこえ続けてきた“非常識”な仕事術

(Amazonの商品紹介より引用)

 

引用のところを読んで頂きたいのですが、

マックを立て直した張本人です。

考えてみれば、

少し前のマックは、いろんな問題があり、

人気が低迷していましたよね。

ですが、最近では人気を盛り返したように思われれます。

「怪盗ナゲッツ」とか「総選挙」とか

面白い企画をやっていますよね。

 

その時にちょうど日本マクドナルドマーケティング本部長だった方です。

その時の状況が書かれていて、とても面白かったです。

全部を紹介するわけにはいかないので

ネタバレしない程度に二つくらい、私的グットポイントを紹介します。

 

1、大学生時代

本書では中心的話題ではないのですが、とても面白かった。

特に、教授が言う言葉が良かったです。

ちなみに教授とは竹内弘高教授です。

とても有名な方だそうです。(勉強不足で知りませんでした。)

 

2、学び

著者はいろんな企業や部署を転々とすることで、いろんなことを学んでいきます。

その時の教訓が、書かれていて、

ビジネスマンのヒントとなりそうです。

 

さて、これくらいにします。

ネタバレは興ざめなので。

興味ある方はお読みください。

ありがとうございました。

 

 

コメント