『彼女の嫌いな彼女』レビュー

今回は小説のレビューをしていきたいと思います。


彼女の嫌いな彼女 (集英社文庫)

読んだことあるでしょうか??

最近の本ではないので、知らない人も多いと思います。

今年、唯川恵の小説を読みました。


肩ごしの恋人 (集英社文庫)

この本が最初でした。

これを読んだ時は、少し驚きました。

面白かった。

当時読んでいた本の中では、ダントツで面白かった。

そこから、唯川恵の小説にはまっていきました。


テティスの逆鱗 (文春文庫)

次にこの作品。

これも面白かった。

前と少しテーマが違っていて、よく書けているなと思った。

 

そして、期待して今回、『彼女の嫌いな彼女』を読みました。

しかし、

期待しすぎたのか、あまり面白いと感じませんでした。

おそらく、過度の期待のせいでしょうか??

でも、好みの問題であると思うので、みなさんも読んで好きなものを見つけてください。

 

では、いい本を見つける旅を。

 

コメント