Mr.Children 最高の歌詞とともに

最近ではメディアになかなか現れないですが、Mr.Childrenは最高の歌手だと思います。

何がいいかといいますと

歌詞・メロディー・声

だと考えてます。

私はまだまだにわか者でありますが、Mr.Childrenが大好きです。

彼らの良さを皆さんに是非伝えたい。

ここで、私が伝えられるのは歌詞だけです。

メロディー・声はどうしても文字にすることが私にはできません。

それでも、素晴らしいフレーズをここで紹介することはできます。

歌詞だけではなく、音楽と合わせることでより伝わるものがありますので、紹介した歌は是非聞いてみてください。

 

 

Mr.childrenの歌詞は、辛い時苦しい時元気な時失恋した時楽しい時朗らかな気持ちの時

その気持ちに寄り添ったものがあり、我々を助けてくれます。

音楽の力は偉大です。

是非、お楽しみください。

 

1、辛い時、苦しい時に聞きたい歌詞

a.終わりなき旅

 

いいことばかりではないさ、でも次の扉をノックしたい

もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅

(終わりなき旅、歌Mr.Children、作詞作曲桜井和寿)

 

この歌詞は「終わりなき旅」という曲のサビの部分にあたるものです。

これはかなり有名な曲なので多くの人が知っていて、中には勇気付けられた人もいるでしょう。

私も勉強などをしていた時に、「もう、やりたくないな。成績が上がらないな」って時に、頑張ろうって

気持ちにさせていただきました。

「いいことばかりではないさ」のところでは、人生山あり谷ありというように、いいこともあれば悪いこ

こともあります。そんな時に、落ち込んで諦めるのではなく、「そういうこともあるんだ。今ががんば

れば、結果が付いてくるんだ。」そういうメッセージが込められていると感じました。

 

難しく考え出すと結局全てが嫌になって、そっとそっと逃げ出したくなるけど

高ければ、高い壁の方が登った時気持ちいいもんな

まだ限界だなんて認めちゃいないさ

(終わりなき旅、歌Mr.Children、作詞作曲桜井和寿)

 

続きまして、再び終わりなき旅なのですが、ここが私自身とてもお気に入りで何度も何度も力になったの

で選びました。

物事はよく考えなくてはいけない。

そうよく言われます。でも、考えて考えて、「あーでもない、こーでもない」

こうなってくると、もう何もかも嫌になって放り出して逃げたくなる。

これは多くの人に当てはまることだと思います。

でも、そんな気分の時に、

「ここが勝負だぞ、お前が目指しているものはその程度か」

って問いかけられる。

「よし、やってやる。」って気持ちに私はさせられます。

私は「終わりなき旅」のような頑張る気持ちにしてくれる曲が好きです。

どうしても、逃げたい気持ちになることは誰にでもありますものね。

 

b.雨のち晴れ

 

上司に愚痴言われるうちが「花」だって言うから

いっそ可憐に咲き誇ろうかと思うよ

(終わりなき旅、歌Mr.Children、作詞作曲桜井和寿)

 

私たちの世界には、基本的に上の立場にいる、上司、監督、先輩という人たちがいます。

その人たちに怒られたり、責められたりすることも多分にあるでしょう。

そんな時、「なんで俺なんだよ」って思う時もあるかもしれません。

そんな時に、いやいっそ「花」なんだから、綺麗に咲いてやろう。

この解釈はいわゆるポジティブシンキングの類のものかもしれません。

でも、私はこんな風に物事を捉えられたら、素敵だなと思います。

 

少し、テーマから外れてしまうきらいがあるかもしれませんが、私の好きなフレーズなので是非紹介させてください。

 

優秀な人材と勘違いされ あの日の僕はただ

過酷なしがらみを掻き分けては 頭を下げていた

(雨のち晴れ、歌Mr.Children、作詞作曲桜井和寿)

 

ご覧の通り、ただ暗い(雨)の部分を引用したにすぎません。

なんでこんなところを紹介したんだよ。って思う方もいらっしゃると思います。

私自身がこのフレーズがとても好き。これ以外に理由は見当たりません。

あまりに現実的すぎる点、言葉のチョイスの良さ、そして他人事ではない点

が私を惹きつけました。

 

さて、脱線をしてしまったようなので、最後にポジティブなフレーズをご紹介しましょう。

 

もうちょっと もうちょっと 頑張ってみるから

ねえもっと ねえもっと いいことあるかな

イメージはいつでも 雨のち晴れ いつの日にか 虹を渡ろう

(雨のち晴れ、歌Mr.Children、作詞作曲桜井和寿)

 

辛い時に、頑張るのってかなり大変ではありませんか?

でも、ほんのすこし頑張るのはどうでしょう?

それなら、できるような気がします。

だから、あとちょっと頑張るから(雨)、いいことあるかな(晴れ)

辛いことのあとにいいことがある。

そんなイメージを持とう。そんなメッセージを私は受け取りました。

雨のち晴れはメロディーが本当に素晴らしく、

また、桜井さんの声がなんとも言えないほど歌詞にあっている

特に(雨)の部分。

これは是非一度聴いてみてほしいです。

 

さて、今回はここまでとします。

次の回は、恋についての曲を初回します。

是非、お楽しみください。

 

 

 

コメント