第160回芥川賞受賞『ニムロッド』読んでみた

芥川賞が先日発表されました。

今回の受賞作は

二作品です。

それはこちら

上田さんのニムロッド町屋さんの1R1分34秒という作品です。

今回は、ニムロッドについての紹介をしたいと思います。

<紹介>


ニムロッド

紹介に際して、どう紹介をするか迷いました。

内容を紹介するのももちろんできます。

しかし、多くを紹介するのは勿体無い。

ですので、登場人物にだけ触れようと思います。

第160回芥川賞受賞!それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。 あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。仮想通貨をネット空間で「採掘」する僕・中本哲史。中絶と離婚のトラウマを抱えた外資系証券会社勤務の恋人・田久保紀子。小説家への夢に挫折した同僚・ニムロッドこと荷室仁。(Amazonより引用)

 

現代社会が舞台である小説。

ビットコインとかラインとかスラックとか。

私たちが普段から使っていたり、知っていたりする世界。

そこから、描き出す気づかない世界。

いつもあるのに、気づかない世界。

それをこの小説を読んでいて感じました。

 

そんなにページ数があるわけではないので、

読みやすいと思います。

ですので、紹介はここまでにして、

上田さんの他の本を見てきたいと思います。

 

まだ読んだことがないですが、興味あるのが次の作品です。

読めたらいいなと思います。

 

コメント